Posted by at

2007年09月10日

夢の島での1日

江東区の端っこに「夢の島」という場所があります。かなり名前負けしてますけど、「ゴミ焼却熱を利用した熱帯植物園や温水プール」がある総合公園のような場所です。

両親共々寝坊したので、行動開始が午後にズレ込み、温水プールに到着したのは午後1時過ぎ。少し泳ぎを覚えた長男と、子供用浮き輪の穴ギリギリのメタボリックな身体の次男。河童のように全然プールから出ようとしない・・・。

まったりしてきた私の目に、プールサイドに並べられたプラスチック製のベッドの姿が・・・。

「ちょ、ちょっとお手洗い・・・」

と一人プールサイドに上がって、ゴロリ。あぁ~気持ちいい~。陽も適度に当たって寒くないし、頭の上にはヒーターもある。子どもとパパが楽しそうにはしゃぐ声が・・・あぁ遠のいていく・・・

「ぐお~」

という大きなイビキで目が覚める。はっ!今の音。私のイビキか!?ご丁寧にヨダレまで垂らしている。気を取り直して家族の所に戻ると「おはよう!」と子どもらの無邪気な言葉が胸に突き刺さるわ。「ううーごめんね」と心の中で詫びつつ、プールに浸かると太ももにジ~ンと気持ち良い刺激。神様はわたくしに「日焼け」という天罰を下されたのでした・・・懺悔。
  


Posted by リトル・ママ東京編集部 at 00:38Comments(0)ともとい